千座の岩屋スーパープラネタリウム「星の洞窟2020」


2020年度の開催については現在日程調整中です。

最新情報はメールにてお知らせします。ご希望の方は下のボタンよりご登録ください。



星の洞窟2020情報 日程?でごめんなさい。

種子島宇宙芸術祭アートプログラム「星の洞窟」。千人もの人が座れると言われる洞窟「千座(ちくら)の岩屋」。その巨大な洞窟の内部で、スーパープラネタリウム「MEGASTAR-II」による極限まで微細化された星空が、自然石の岩肌に 360 度にわたって投影されます。洞窟の内部に入れるのは、干潮のわずか数時間。その時間とプラネタリウムを投影できる夜というタイミングがちょうど重なるのは、年に数回しかありません。

 星の洞窟2020News


2020.04.04

日テレ「嵐にしやがれ」にて種子島宇宙芸術祭アートプログラム星の洞窟の様子が放映されました。


2020.04.01


 どんな時に開催できる?


大自然の中で展開される種子島宇宙芸術祭アートプログラム「星の洞窟」

神秘的な宇宙空間をつくりだすには自然との関わりが重要です。

天候だけでなく、

 

満ち引きが大きくなる日、

それが日が沈んで少しった夜の時に、

みんなが訪れることのできる連休にあたる時期に、

 

開催できます。


 昨年までの様子

 (演出が変更となる場合がございますので、あくまで参考画像としてご覧ください。)


 アーティスト


大平貴之(おおひらたかゆき)

プラネタリウム・クリエーター。大学3年時に、世界で初めてレンズ式プラネタリウムを個人開発。2004年に投影星 数560万個 の MEGASTAR-II cosmosがギネスワールドレコーズに認定。家庭用に開発した「HOMESTAR」が大ヒット。プラネタリウムの可能性を開拓している。文部科学大臣表彰受賞。

 

MEGASTAR

大平貴之の個人開発によって生まれた光学式プラネタリウムシリーズで、従来の100倍以上の星を投影可能にした。

特徴は圧倒的な天の川の表現力と移動可能なこと。肉眼では区別できない微細な星の一粒までをも最小0.7マイクロメートル以下の微細な点で表現することによって、本物の宇宙さながらの奥行や広がりを再現。世界13か国に設置されている。

◆有限会社大平技研公式サイト 

https://www.megastar.jp/

 

◆MEGASTAR 製品情報 <施設向け・一般向け> 

https://www.megastar.jp/products/

 

◆約6万個の星が体感できる家庭用プラネタリウムHOMESTAR 

https://www.segatoys.co.jp/homestar

◆パーソナルユース向けプラネタリウム「MEGASTAR CLASS」<小型施設や店舗・ご家庭向け>

https://www.megastar.jp/class


 アクセス



2020年度の開催については現在日程調整中です。

最新情報はメールにてお知らせします。ご希望の方は下のボタンよりご登録ください。


ポスター・チラシ? Photo & Design by  KISHIN HIMORI